0120-306-922

営業時間:
09:00~19:00(日曜・祝日は09:00~18:00)
定休日:
水曜日、第1・第3・第5火曜日

箕面市の不動産売買情報|箕面ハウジング株式会社 > 箕面ハウジング株式会社のブログ記事一覧 > 自宅を活用できるリースバックとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

自宅を活用できるリースバックとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

≪ 前へ|離婚による不動産売却時の注意点!媒介契約の選び方も解説   記事一覧   離婚時に住宅ローンが残っていたら注意が必要!確認しておくべき項目とは?|次へ ≫

自宅を活用できるリースバックとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

カテゴリ:不動産の豆知識

自宅を活用できるリースバックとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

この記事のハイライト
●リースバックは自宅を売却したあとに賃貸借契約を結んで住み続ける仕組みである
●リースバックは売却したあとも住み続けられるメリットがある一方で売却価格が安くなる傾向にある
●リバースモーゲージとの違いは資金調達する仕組みや対象物件、所有権の移転の有無である

住宅ローンの返済が苦しく、リースバックを利用するか迷っている方もおられるのではないでしょうか。
リースバックは自宅を活用した資金調達方法の1つであり、多くのメリットがあるのが特徴です。
そこで、リースバックとはなにか、メリットやデメリット、リバースモーゲージとの違いについて解説します。
大阪府箕面市、箕面市から隣接している池田市で、住宅ローンの返済にお困りの方は、ぜひ参考になさってください。

                          箕面市で土地をお探しの方はこちら

                         箕面市で一戸建てをお探しの方はこちら

                         池田市で土地をお探しの方はこちら

                         池田市で一戸建てをお探しの方はこちら

自宅を活用できるリースバックの仕組みとは?

自宅を活用できるリースバックの仕組みとは?

自宅を活用して資金を調達する方法に「リースバック」があります。
名前は知っていてもどのような仕組みなのかわからない、といった方も多いのではないでしょうか。
ここでは、リースバックとはそもそもなにか、また仕組みについて解説します。

リースバックとは

リースバックとは、今住んでいる自宅を売却し、売却後に賃貸借契約を締結することでそのまま住み続けることができるサービスのことです。
自宅を売って賃貸物件として住むことから「セールアンドリースバック」とも呼ばれています。
リースバックは、不動産会社などが実施しており、不動産会社と通じて自宅の売却や賃借をおこないます。
また、契約の種類によっては売却した自宅を買い戻すことも可能です。

リースバックの仕組み

リースバックは、以下のような流れで進むのが一般的です。

  • ●自宅を売却する
  • ●売却代金を受け取る
  • ●賃貸借契約を締結する
  • ●毎月家賃を支払い住み続ける

まずは不動産会社に自宅を売却し、売却代金が振り込まれます。
このとき住宅ローンの返済をおこなう場合は、受け取った売却金で完済します。
その後、不動産会社と賃貸借契約を締結し、毎月家賃を支払いながら住み続けるといった仕組みです。

リースバックがおすすめな方

リースバックは、下記のような悩みを抱えている方には、おすすめの仕組みだといえます。
住宅ローンを返済したい場合
住宅ローンの返済が苦しい場合は、自宅の売却で得た資金を返済に充てることができます。
ただし、売却後は賃貸借契約を結ぶため家賃が発生する点に注意しなければなりません。
現在のローン返済額と家賃を比較したうえでの検討が必要です。
老後資金を確保したい場合
将来の生活費に不安がある場合は、自宅を売却して資金を確保することができます。
売却後も自宅に住むことが可能なため、引っ越しの心配も不要です。
このように自宅を活用できる便利な仕組みですが、自宅という大きな資産を運用するため、慎重に判断することが大切です。

▼この記事も読まれています
不動産売却では契約不適合責任に注意!インスペクションについても解説

                             箕面市で土地をお探しの方はこちら

                             箕面市で一戸建てをお探しの方はこちら

リースバックで自宅を活用するメリット・デメリットとは

リースバックで自宅を活用するメリット・デメリットとは

次に、リースバックを利用するメリットとデメリットを見ていきましょう。
メリットが多いリースバックですが、デメリットも存在するため慎重に判断する必要があります。

メリット1:売却後も住み慣れた家に住める

売却したあともそのまま住み慣れた家に住めることが大きなメリットです。
通常の不動産売却であれば、売却したら第三者に渡るため退去しなければなりません。
新居探しや引っ越しをおこなうため、費用と手間がかかってしまいます。
その点、リースバックの場合は売却後も住み続けることができるため、生活環境を変えることなく生活することができます。
また、ご近所に知られることなく売却ができる点もメリットの1つです。

メリット2:維持費が不要になる

不動産を所有していると、固定資産税や火災保険、建物の修繕費など維持費がかかります。
住宅ローンがある場合は、維持費を払い続けるだけでも家計の負担になるでしょう。
一方で、リースバックは売却により所有者が不動産会社へ移るため、これらの費用の負担がなくなります。
原則として一定の家賃のみの支払いになるため、負担が軽減されるでしょう。

デメリット1:売却価格が安くなる

デメリットを挙げるなら、売却価格が相場よりも安くなることです。
売却価格は、利回り重視で設定されます。
不動産会社からみると、不動産の買取価格と家賃収入などを踏まえて、どれだけの利益が見込めるかを査定の基準にしています。
そのため、市場価格よりも売却価格が安くなる傾向にあるのです。
また、売却価格が高かったとしても、その分だけ家賃が高くなり、結果的に家計の負担が大きくなる可能性もあります。
売却価格が高ければ良いと考えるのではなく、売却後の家賃のことも考慮して売却価格を検討する必要があるでしょう。

デメリット2:いつまでも住み続けられるとは限らない

リースバックの賃貸借契約は、契約期間が決まっている「定期借家契約」で締結されるケースがほとんどです。
定期借家契約では、契約期間終了後に借主・貸主の両者の合意があれば再契約することは可能ですが、合意が得られない場合は退去しなければなりません。
そのため、再契約できないリスクを回避するためにできるだけ長く契約するか、契約期間の定めがない「普通借家契約」を締結することをおすすめします。

▼この記事も読まれています
不動産売却にかかる費用の種類とは?費用を安く抑える方法も解説

リースバックとリバースモーゲージとの違いとは

リースバックとリバースモーゲージとの違いとは

リースバックと似た仕組みに「リバースモーゲージ」があります。
リバースモーゲージも同様に自宅を活用して資金を調達する方法です。
ただし、両者は大きく仕組みや特徴が異なるため、違いについて解説します。

①資金調達方法の違い

すでにご説明したように、リースバックは自宅を売却して資金を調達する方法でした。
一方で、リバースモーゲージは、自宅を担保にお金を借り資金を調達する方法です。
資金を得ることは同じであっても、調達するまでの過程が全く異なります。
リバースモーゲージは、お金を借り資金を得てそのまま住み続ける方法で、契約者が死亡した際に自宅を売却して返済する仕組みです。
生存中は、毎月利息分のみを支払うことになります。

②対象物件の違い

リースバックは一戸建てやマンション、店舗、事務所など活用できる対象物件はさまざまです。
一方で、リバースモーゲージは、一戸建てのみとしてるケースがほとんどです。
マンションを取り扱っていないケースがあるため注意しましょう。

③所有権の違い

所有権が誰であるかも大きな違いの1つです。
リースバックは、自宅を売却するため所有権は売主から不動産会社へと移行します。
一方で、リバースモーゲージは、自宅を担保にしているだけで所有権は変わりません。

④資金の使い道の違い

リースバックは売却で得た資金のため、制限なく自由に資金を使うことができます。
たとえば、ローンの返済や老後の資金などです。
しかし、リバースモーゲージは、老後資金のみなど金融機関が定めた資金の使い道のみと制限がかかっている場合があります。

⑤年齢の条件の違い

そのほかにも年齢条件の違いもあります。
リバースモーゲージは、基本的にシニア向きの制度であるため、65歳以上と年齢制限が設けられているケースがあります。
一方で、リースバックは誰でも自由に利用可能です。

▼この記事も読まれています
不動産の売却益にかかる税金とは?計算方法や控除を利用した節税方法を解説

まとめ

リースバックは、住宅ローンの返済資金を調達する際や老後資金の確保のためにおすすめのサービスです。
売却価格は相場よりも安くなる傾向にありますが、売却後も住み続けることができるなど多くのメリットが得られます。
ただし、大切な自宅を売却する必要があるため、後悔のないよう慎重に検討しましょう。
箕面市周辺での不動産買取なら箕面ハウジング株式会社
買取だけではなく、売買物件や賃貸物件など幅広く取り扱っております。
お客様それぞれのご希望に合った物件情報をご提供させていただきますので、お気軽にご相談ください。


                       箕面市で土地をお探しの方はこちら

                      箕面市で一戸建てをお探しの方はこちら

                       池田市で土地をお探しの方はこちら

                      池田市で一戸建てをお探しの方はこちら


≪ 前へ|離婚による不動産売却時の注意点!媒介契約の選び方も解説   記事一覧   離婚時に住宅ローンが残っていたら注意が必要!確認しておくべき項目とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 不動産売却
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2024-02-27
    【2024年6業日のお知らせ】

    • 4日(火)6(水)
    • 12日(水)
    18日(火)19(水)
    • 26日(水)


    2022-11-21
    【掲載確認】
    弊社が複数の不動産メディア(イエウール)にて大阪府のおすすめ不動産として紹介されました♪
    弊社を含めた数社がこちらで紹介されております。
    好立地な会社、口コミ等、様々な点で選出されております!
     サイトはこの下をクリック(=゚ω゚)ノ⤵⤵



    2020-05-30
    新型コロナウイルスに関する箕面市独自の支援政策
    市独自の生活支援策

    ■上下水道料金の基本料金無料化
    上下水道料金の基本料金(月1264円)を無料にします。
    対象者:家庭用・事業用を問わず、市と水道の契約をしている全ての方
    申請不要

    ■子育て世帯への支援
    18歳までの全ての子供一人につき、1万円を毎月支給します。
    対象者:18歳以下の子どもがいる方
    原則申請不要
       
    ■テイクアウト・クーポンの配布
    テイクアウトやデリバリーを実施している市内の飲食店で使用できるクーポン1000円分を、市民のみなさんに毎月配布します。
    対象者:基準日に市に住民登録のある方
    申請不要

    ■障害者への支援
    19~64歳で障害者手帳をお持ちのかた一人につき、1万円を毎月支給します。
    対象者:19~64歳で障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)をお持ちのかた
    要申請

    ■箕面お買い物割引券
    世帯人数×2000円分(500円×4枚)の「箕面お買い物割引券」を送付します。
    対象者:基準日に市に住民登録のある方
    申請不要


    更新情報一覧

  • グリーンタウンシリーズ
  • e不動産
  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • スマホ
  • 重要事項説明
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


西小路1丁目 中古戸建

西小路1丁目 中古戸建の画像

価格
4,300万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府箕面市西小路1丁目
交通
箕面駅
徒歩7分

百楽荘3丁目 売り土地

百楽荘3丁目 売り土地の画像

価格
4,480万円
種別
売地
住所
大阪府箕面市百楽荘3丁目
交通
牧落駅
徒歩5分

百楽荘3丁目 中古戸建て

百楽荘3丁目 中古戸建ての画像

価格
6,398万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府箕面市百楽荘3丁目
交通
牧落駅
徒歩7分

箕面6丁目 売り土地

箕面6丁目 売り土地の画像

価格
3,180万円
種別
売地
住所
大阪府箕面市箕面6丁目
交通
箕面駅
徒歩6分

トップへ戻る