0120-306-922

営業時間:
09:00~19:00(日曜・祝日は09:00~18:00)
定休日:
水曜日、第1・第3・第5火曜日

箕面市の不動産売買情報|箕面ハウジング株式会社 > 箕面ハウジング株式会社のブログ記事一覧 > 離婚時に住宅ローンが残っていたら注意が必要!確認しておくべき項目とは?

離婚時に住宅ローンが残っていたら注意が必要!確認しておくべき項目とは?

≪ 前へ|自宅を活用できるリースバックとは?仕組みやメリット・デメリットを解説   記事一覧   相続における遺留分侵害額請求とは?概要や請求方法を解説!|次へ ≫

離婚時に住宅ローンが残っていたら注意が必要!確認しておくべき項目とは?

離婚時に住宅ローンが残っていたら注意が必要!確認しておくべき項目とは?

この記事のハイライト
●離婚時に住宅ローンが残っている場合は契約内容や残債などを確認しておく
●ローンの返済義務は契約者にあるがペアローンを組んでいる場合は双方に支払い義務が生じる
●ローン契約者以外が住み続ける場合は住宅ローンの借り換えや公正証書の作成がおすすめ

マイホームを所有する夫婦が離婚するとなった場合、今後家をどうするか考える必要があります。
トラブルを回避するには売却するのが望ましいですが、住み続けることを希望される方もいらっしゃるでしょう。
売却するにしろどちらか一方が住み続けるにしろ、住宅ローンが残っている場合は事前に確認しておくことが多数存在します。
この記事では、離婚の手続きを進める前に知っておきたい、住宅ローンに関する確認事項を解説します。
彩都・森町を除く大阪府箕面市や池田市で、不動産を所有しており、離婚をご検討中の方はぜひ参考になさってください。

 

         箕面市で土地をお探しの方はこちら

         箕面市で一戸建てをお探しの方はこちら

         池田市で土地をお探しの方はこちら

         池田市で一戸建てをお探しの方はこちら

離婚時に残った住宅ローンについて確認しておくべき項目とは

離婚時に残った住宅ローンについて確認しておくべき項目とは

離婚の際に住宅ローンが残っていたら、まず残債をどうするか夫婦で話し合わなければなりません。
もっとも望ましいのは、家を売却して代金を受け取り、そのお金で残債を一括返済する方法です。
売却代金で住宅ローンをすべて返済できれば、離婚後に支払いを巡ってトラブルになる心配もありません。
しかし生活環境を変えたくないなどの理由で、売却せずにそのまま家に住み続けたいと考える方もいらっしゃるでしょう。
売却するにしろ住み続けるにしろ、離婚時に住宅ローンが残っている場合は、あらかじめ契約内容などを確認しておく必要があります。
離婚に伴い確認しておきたい項目は次のとおりです。

契約内容

離婚することが決まったら、まず確認しておきたいのが住宅ローンの契約内容です。
具体的には、ローンの契約者や連帯保証人が誰になっているかをチェックします。
ローンの返済義務を負うのは、居住者や家の名義人ではなく、契約者本人です。
たとえば離婚後に妻が住み続ける場合でも、契約者が夫であれば夫が返済し続けることになります。
ローンの契約者が夫婦のどちらになっているかによって対応が変わるため、契約内容は最初に確認しておきましょう。
契約内容は、ローン契約を結んだ際に受け取る「金銭消費貸借契約書」で確認できます。
契約書が手元にない場合は、融資を受けている金融機関に問い合わせてみると良いでしょう。

ローンの残債

ローンがあとどれだけ残っているのか、残債も確認しておく必要があります。
残債と返済期間の目安を把握しておかないと、離婚後の資金計画が立てにくくなるためです。
売却を検討している場合は、ローンの残債だけでなく不動産の販売価格もあわせて調べておきましょう。
家を売却する際はローンを完済しなければならず、販売価格が残債を下回るようであれば、不足分を自己資金で賄う必要があります。
「自己資金で賄えないけれどどうしても売却したい」という場合には、任意売却を検討しなければなりません。
任意売却とは、借入先の金融機関から許可を得て、ローンが残ったまま不動産を売却することです。
住宅ローンの残債はローン残高証明書や返済予定表、物件の販売価格は不動産会社に査定を依頼すればわかります。

家の名義人

ローンの名義人は夫、家の名義人は妻というように、それぞれで名義が異なるケースもあります。
不動産売却は原則として名義人しかおこなえないので、事前に名義が誰になっているかも確認しておきましょう。
不動産の名義は、直接法務局に出向いて登記簿謄本を取得するほか、インターネットで情報を閲覧することも可能です。

▼この記事も読まれています
ハウスメーカーの建てた家は売却しやすい?その理由と重視される要素を解説

              箕面市で土地をお探しの方はこちら 

             箕面市で一戸建てをお探しの方はこちら

離婚時に残った住宅ローンの支払い義務は誰にある?

離婚時に残った住宅ローンの支払い義務は誰にある?

離婚時には、夫婦が共同生活を送る中で形成した財産を分配する「財産分与」をおこないます。
土地や建物といった不動産も財産分与の対象ですが、ローンの残債がある場合はどうなるのでしょうか。
ここでは、離婚時にローン残債がある場合の財産分与について解説します。

残債は財産分与の対象にならない

財産分与の割合は、2分の1ずつが原則です。
たとえば1,000万円の現金を財産分与する場合、夫婦どちらも500万円ずつ取得します。
そう聞くと「住宅ローンの残債も夫婦で折半するの?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし法律においては、住宅ローンなどの借金(負債)は財産分与の対象にならないとされています。

住宅ローンの返済義務は契約内容によって異なる

離婚後に住宅ローンの残債を誰が支払うかは、ローンの契約内容によって異なります。
夫婦が住宅ローンを組む場合、一般的には以下のいずれかで契約しているはずです。

  • ●単独ローン:妻か夫どちらか1人だけが契約する
  • ●ペアローン :1つの物件に対して夫婦それぞれで契約を結ぶ

もし妻の単独名義でローンを組んでいる場合は、離婚後も妻が返済を続けていくことになります。
一方でペアローンは、夫婦それぞれが個々に借り入れしている状態なので、2人とも同額の返済義務を負います。
また妻の単独ローンであっても、夫を連帯保証人に設定している場合は注意が必要です。
妻が契約者で夫を保証人に設定している場合、妻がローンを滞納したら夫が代わりに返済しなければなりません。

▼この記事も読まれています
離婚による不動産売却時の注意点!媒介契約の選び方も解説

住宅ローンが残っている家に離婚後も住み続けるには?

住宅ローンが残っている家に離婚後も住み続けるには?

最後に、離婚後も夫婦のどちらかが家に住み続ける場合に必要な手続きを解説します。

ローンの契約者が住み続ける場合

住宅ローンの契約者がそのまま住み続けるのであれば、何も問題はないと感じる方も多いでしょう。
しかしペアローンを組んでいたり、配偶者を連帯保証人に設定していたりする場合は注意が必要です。
いずれのケースでも、家に住み続ける側がローンを滞納すると、元配偶者が代わりに返済義務を負うことになります。
このようなリスクを避けるためには、配偶者を連帯保証人から外したり、単独名義に変更したりする手続きが必要です。
手続きを進めるには金融機関の許可が必要なので、離婚後も住み続けると決まった時点で借入先の銀行などに相談しましょう。
また、家の販売価格がローンの残債より高い場合は、その差額分に対する財産分与の手続きも必要です。
たとえば差額が600万円の場合、その半分にあたる300万円を相手に支払う必要があります。

住宅ローンの契約者でない方が住み続ける場合

ローンの契約者でないほうが住み続ける場合でも、一般的には契約者がそのまま支払いを続けます。
ローンの名義を変更しようにも、新しい名義人の返済能力が心もとない場合は、金融機関から反対されることが多いためです。
しかしこの場合、契約者がローンを滞納すると、家が差し押さえられてしまうリスクがあります。
こうしたトラブルを回避する方法として、住宅ローンの借り換えや公正証書の作成が有効です。
たとえば妻が家に住み続ける場合、住宅ローンの借り換えをおこなうと、名義を夫から妻へ変更することができます。
住宅ローンの借り換えには審査が必要なので、まずは金融機関に相談してみると良いでしょう。
住宅ローンの借り換えが難しい場合は、公証役場で「公正証書」を作成するのがおすすめです。
公正証書にはローンの支払いや財産分与、養育費などの取り決めが記載され、違反時には強制執行がなされます。

▼この記事も読まれています
自宅を活用できるリースバックとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

まとめ

離婚時に住宅ローンが残っている場合、契約内容や残債、家の名義などを確認する必要があります。
支払い義務はローンの契約者にありますが、連帯債務の場合は夫婦それぞれに同額の支払い義務が発生します。
住宅ローンの契約者以外が家に住み続けるのであれば、公正証書の作成や住宅ローンの借り換えを検討しましょう。
箕面市周辺での不動産買取なら箕面ハウジング株式会社
買取だけではなく、売買物件や賃貸物件など幅広く取り扱っております。
お客様それぞれのご希望に合った物件情報をご提供させていただきますので、お気軽にご相談ください。

      

           箕面市で土地をお探しの方はこちら

          箕面市で一戸建てをお探しの方はこちら

          池田市で土地をお探しの方はこちら

          池田市で一戸建てをお探しの方はこちら


≪ 前へ|自宅を活用できるリースバックとは?仕組みやメリット・デメリットを解説   記事一覧   相続における遺留分侵害額請求とは?概要や請求方法を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 不動産売却
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2024-02-27
    【2024年6業日のお知らせ】

    • 4日(火)6(水)
    • 12日(水)
    18日(火)19(水)
    • 26日(水)


    2022-11-21
    【掲載確認】
    弊社が複数の不動産メディア(イエウール)にて大阪府のおすすめ不動産として紹介されました♪
    弊社を含めた数社がこちらで紹介されております。
    好立地な会社、口コミ等、様々な点で選出されております!
     サイトはこの下をクリック(=゚ω゚)ノ⤵⤵



    2020-05-30
    新型コロナウイルスに関する箕面市独自の支援政策
    市独自の生活支援策

    ■上下水道料金の基本料金無料化
    上下水道料金の基本料金(月1264円)を無料にします。
    対象者:家庭用・事業用を問わず、市と水道の契約をしている全ての方
    申請不要

    ■子育て世帯への支援
    18歳までの全ての子供一人につき、1万円を毎月支給します。
    対象者:18歳以下の子どもがいる方
    原則申請不要
       
    ■テイクアウト・クーポンの配布
    テイクアウトやデリバリーを実施している市内の飲食店で使用できるクーポン1000円分を、市民のみなさんに毎月配布します。
    対象者:基準日に市に住民登録のある方
    申請不要

    ■障害者への支援
    19~64歳で障害者手帳をお持ちのかた一人につき、1万円を毎月支給します。
    対象者:19~64歳で障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)をお持ちのかた
    要申請

    ■箕面お買い物割引券
    世帯人数×2000円分(500円×4枚)の「箕面お買い物割引券」を送付します。
    対象者:基準日に市に住民登録のある方
    申請不要


    更新情報一覧

  • グリーンタウンシリーズ
  • e不動産
  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • スマホ
  • 重要事項説明
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


西小路1丁目 中古戸建

西小路1丁目 中古戸建の画像

価格
4,300万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府箕面市西小路1丁目
交通
箕面駅
徒歩7分

百楽荘3丁目 売り土地

百楽荘3丁目 売り土地の画像

価格
4,480万円
種別
売地
住所
大阪府箕面市百楽荘3丁目
交通
牧落駅
徒歩5分

百楽荘3丁目 中古戸建て

百楽荘3丁目 中古戸建ての画像

価格
6,398万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府箕面市百楽荘3丁目
交通
牧落駅
徒歩7分

箕面6丁目 売り土地

箕面6丁目 売り土地の画像

価格
3,180万円
種別
売地
住所
大阪府箕面市箕面6丁目
交通
箕面駅
徒歩6分

トップへ戻る